夢ならいつまでも2人きりなのに

好きなものを好きなだけ

レ・ミゼラブル製作発表に行ってきました

f:id:rbess:20170304090828j:image

レミゼの製作発表オーディエンスに当選して行ってきました!

東宝の製作発表は今まで外れ続けていたのですが、今回初めて当たりました。今回は倍率低かったのかな?なんて思っていたら、800名の枠に10000件の応募があったそうです。すごい注目度だ…

 

ハガキに整理番号が書いてあって、でも『座席は当日抽選です』とも書いてあって、???ってなりながら向かいました。初めてだから仕組みがわからない。

行ってみたら、整列が(多分)整理番号順で、入る時に机に置かれている封に入ったチケットを選ぶというシステムでした。なるほど!私が行った時には入場開始していてそのまま流れで後ろに並んで入る感じだったので、整理番号順に並んでいたのかはわからないけど…。ハガキだけでも十分嬉しいのにデザインチケットもあるなんていいなぁ~記念になりました。

で、引いたのが1桁列。結構前だ~!なんてルンルンしながら席につくと前がまばら。D列までは報道の席だったみたいです。なんだか最近チケ運が良いぞ。

 

宿屋の主人の歌

(テナルディエ/橋本じゅん、マダム・テナルディエ/鈴木ほのか、アンサンブル)

幕が開いて初っ端『宿屋の主人の歌』。橋本さんが客席を煽って手拍子。終わってから一言求められた時の橋本さんがめちゃくちゃ緊張していてびっくりしました、歌ってるときは全然そんな感じなかったのに。手拍子させてすみませんみたいなことを仰ってましたが楽しかったです!!

 

キャスト紹介&挨拶

その後キャスト紹介。男性アンサンブル→女性アンサンブル→子役発表→プリンシパルの順番。

プリンシパルはひとりひとり挨拶がありました。昨日公式でレポートが上がったので詳しいことは割愛します。詳細はこちらをどうぞ。

公式のレポートになくて印象的だったところだけいくつか。

初っ端が相葉裕樹くん。1人目で緊張してる感じは伝わってきましたが、しっかりと話されていたような気がします。スタイルいいな~舞台映えするな~って思っていたらあまり内容を思い出せない。笑

上原理生くんは(作品名は出してないけど)1789の話をしていました。軽率に喜ぶ私。昨年の今頃もここで革命をしていました、あの時は成功した上に彼女までいたのですが~って。

内藤大希くんは小学生の時に両親にレミゼを見せてもらったあの時から始まっていた、両親に見て欲しかったけれど今日は抽選に外れた、公演はたくさん見てもらいたい、と話していました。会場からも笑いが起きたり、後から司会の方も御両親の落選の件を話題に出したりと良い雰囲気でした。

 

質疑応答

これも公式に上がったので割愛。この時点でかなり時間が押していて3つだけでした。質問がバランスよくばらけてよかったなぁ。

 

歌唱披露

  • 夢やぶれて(ファンテーヌ/二宮愛)
  • レッド&ブラック~民衆の歌(アンジョルラス/相葉裕樹、アンサンブル)
  • プリュメ街~心は愛にあふれて(コゼット/生田絵梨花、マリウス/内藤大希、エポニーヌ/唯月ふうか)
  • オン・マイ・オウン(エポニーヌ/松原凛子)
  • ワン・デイ・モア(オールキャスト)

新キャストメインで歌唱披露。ワンデイモアもソロパートは基本的に新キャストが担当しました。全部公式に動画が上がっているので是非。

相葉くんの声が良くてびっくりしました。もっと声質が軽い印象だったんですが、力強いし爽やかで熱くて、あと立ち姿も綺麗だしこれは楽しみ。相葉くんって小池作品にも合いそうだからいろんなところに出て欲しいなあ。

内藤大希くんはもう最初から安心して聞いてました。ここで歌えることが本当に嬉しいんだろうなぁ…「私は戦おう」がすごい胸にきて若干目頭が熱くなりました。

 

囲み取材

終わったあとに一部キャストで囲み取材。引き続きお席でご覧いただけますとのことだったのでそのまま見て行きました。

こちらは報道向けということもあって生田さんをメインに進みましたが、特に嫌な印象はなかったです。乃木坂の話を出したり生田さんを褒めても嫌味がないのはモリクミさんのなせる技だなぁ、私も生田さんの音程の正確さ好きです。

 

囲み取材の中で「コゼットの歌に『私の人生が始まった』というフレーズがありますが、今まさにそんな感じですか?」というような質問があったのですが、それに対してストレートに返さなかった生田さんが個人的にとても好印象でした。

この質問を聞いた時、(これが始まりだと言われてしまったらロミジュリは……(´・ω・`))と思っていたので、「このフレーズを胸に新鮮な気持ちで〜」というような回答をした生田さんの株がめちゃくちゃ上がりました。レミゼの偉大さは私にも分かるし、これが始まりだと言われても当然だと思うけれど、今までの作品も大事にしてくれているんだったら嬉しいなあ。

 

 

最後に案内があって「このあと劇場窓口でチケットを買ったら、製作発表で出演者がつけていたピンバッジと同じ物をプレゼントします」ということだったので軽率に買ってきました。内藤くんと相葉くんの回にしました。

まだまだ見たい人はたくさんいるので確保できてないところ探さなくちゃ…見に行くのが楽しみだな~!