読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ならいつまでも2人きりなのに

好きなものを好きなだけ

fabulous stageが届きました

雑記

f:id:rbess:20161202210510j:image

fabulous stage vol.2が届きました、わーい!231ページもあって1500円なら安い。とりあえず雄大くんのインタビューから読みました、写真も良いし文もたっぷり!あとでほかの人のところも読もう。

 

雄大くんはいつも「自分の魅力は?」とか「自分の強みは?」っていう質問に「ないです」って答えます。本当に謙虚。

私のこの「本当に謙虚」のニュアンスは、「謙虚な姿勢が素敵~」ではなくて、「なんで?!魅力の塊なのに?!?!」が近いです。私は舞台の上にいる時の全部が好きなのに本当に不思議だ。

 

私は雄大くんが舞台上にいる時の立ち方、歩き方、手の動かし方、そういう基本動作が好きです。身体的要素全てって言うのかな。

こういう基本動作は、今までその人が生きてきた中で蓄積されてきたものが大半で、身に着けようと思って身に着くものではないと思います。雄大くんがもともと持っているものが、たまたま私の理想とピッタリ合致したっていうのが近いのかな。

だから私は雄大くんが「舞台の上にいる」という時点で魅力しか感じない。だって歩くだけで好きなんだもん。立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花って感じ。歩くだけで好きっていうと、「ファンになりたては推しが何しても尊い」みたいな感じのあれに聞こえるけど、9年たっても未だにそんなことを言ってる私は、本当に、物理的な意味で、雄大くんが歩く姿が好きなんだなあと改めて思ったりします。

それってすごいことだと思うんだけどな。だって、技術以前の基本動作に魅力を感じる人間がここにいるんだよ。すごい武器じゃない、って思うんだけどなぁ。

 

雄大くんの発言はいつも謙虚ですが、最近は「ミュージカルが好き、ここにいたい」って言ってくれることが増えました。私はそれが本当に嬉しい。

一生舞台に立ってて欲しいなんて言えないけど、でもやっぱり本音を言えば、一生舞台に立ってて欲しいなぁ。

せめてその時間が少しでも長くあってくれますように。