夢ならいつまでも2人きりなのに

好きなものを好きなだけ

帝劇のススメ

相葉裕樹くんのレ・ミゼラブル出演が発表されましたね!おめでとうございます!!

制作発表の当日追加発表枠、びっくりするような人こないかな~なんて思いながらレポを待ってたら見慣れた名前があってびっくりしました。

ちなみにオーディエンスは今回も外れました。何故だ。使ってるSNSの項目でFacebookにチェックつけないからか?次までにアカウント作るのでレディ・ベスは何卒よろしくお願いします。

 

テニミュ出身の帝劇俳優のファンをしている身としては、テニミュ出身者の帝劇出演が決まる度に自分のことのように嬉しいです。内藤大希くんも相葉裕樹くんも今年別の作品で見てたからなんだか余計嬉しい。ところで、たなかみりんぼしくんはどうしてたなかみりんぼしくんなのか誰か教えてください。

私の場合、テニミュ時代から雄大くんのゆるいファンではあったけど、本格的に通い出した2013年のロミジュリの時には雄大くんは既に帝劇に立ってました(雄大くんの初帝劇は2012年のエリザベート)。なので、「自分が応援してきた人が遂に帝劇に立った!」という経験は無かったのですが、それでもやっぱり親近感を覚えます。きっと本人もファンも嬉しいよね、おめでとうございます!

これでまた、帝劇に足を運ぶ人が増えるかな。嬉しいですね。

 

そういえば少し前に、帝劇痛バ問題というのがありました。名前は勝手につけましたが、この界隈の方なら耳にした人も多いのではないかと思います。帝劇に痛バを持って行くことについては正直割とどうでもいいと思っているので、ここで良いとか悪いとか言うつもりはありません。

この問題が浮上した時、「帝劇という神聖な場所にそんなもの持っていくなんて!」「帝劇はきちんとした格好で行かなきゃいけないところなのに!」という意見を多々目にしました。やばい、私帝劇行く時そこまで考えてなかった。確かにコンビニ来たのかよみたいな人はいないけど、別にそこまで気合い入れなくても大丈夫だと思います。

帝劇出演は甲子園出場のようなものだと誰かが言っていたようないなかったような気がします(曖昧)。内藤くんもこの年齢のミュージカルを志す俳優ならみんなレミゼサイゴンのオーディションを受けると言っていたし、オモシィが2.5次元特集を組んだ時のインタビューではいろんな人がエリザベートなどの大作ミュージカルへの憧れを語っていました。確かに帝国劇場は日本のミュージカル界の最高峰として、ある程度「敷居の高い」場所である必要があると思います。でも、実際には思ったよりも暖かくて怖くない場所なのにな。みんなもっと帝劇おいでよ!

 

帝劇のB席はクソ席ではない

突然ですが帝劇のダイマを始めます。

帝国劇場にはS席、A席、B席、補助席があります。S席が13500円、A席が9000円、B席が4000円の作品が多いかな。

そう。B席はたったの4000円。

昨今の2.5次元舞台は、安いもので5000円程度、高いものは10000円オーバー、7800円とか8800円とかが多いでしょうか。そう、帝劇のB席は2.5次元舞台を見るよりも断然安いんです。

B席は2階の1番後ろ数列。確かに遠い。例えばエリザベートなら、トートダンサーを見分けたいとか、ミルクでバイトしてるルドルフのキャストを探したいとか、マイヤーリンクのあれそれが見たい*1とかいうならオペラグラスが必要です。みんなマイヤーリンクでオペラ上げすぎ。(ブーメラン)

でも、ほかの座席に比べて傾斜が急なので、前の席の人がよっぽど巨人でもない限り視界を遮ることはまずありません。S席後方だとやっぱり多少なりとも死角ができるけど、B席はどこを引いても安牌、ストレスフリーです。とりあえず一度見てみたいとか、多ステするのにS席オンリーはお財布が厳しいとか、そういう時は私もよくB席を買います。

とりあえず1回、B席でどうですか?

 

結構知ってる人が帝劇に立ってる

若手俳優厨で舞台に通っていても、ミュージカル俳優は知らないって人は多いと思います。そりゃそうだ、一般認知度という意味じゃミュージカル俳優も若手俳優も大差な…くはないかな、でも舞台を見ない人からしたらどちらも知らない世界にいる人たちだと思います。神田沙也加ちゃんがしゃべくり007に出た時、会いたい人のゲストで出た吉野圭吾さんについて「ほんとにすごい人なんですよ!!!!!!」って力説してたのと同じ感覚です。あれは本当に神回でした。

東宝作品に出る若手俳優が増えたり、東宝ネルケがコラボするようになったとはいっても、まだまだ共演することは少ない。お互いの庭について知らないのは当然のことだと思います。

でも、意外と知ってる人、いますよ。テニミュ出身だけでも結構出てます。きっとこのあたりなら身近なんじゃないかなってパッと思い浮かんだ人たちを挙げてみます。おい〇〇くんがいないぞ!!とかあったら教えてください。

城田優(2代目手塚)

加藤和樹(初代跡部様)

  • 2014年『レディ・ベス』ロビン
  • 2016年『1789』ロナン(主演)
  • 2017年『レディ・ベス』ロビン

伊礼彼方(初代佐伯)

古川雄大(4代目不二)

広瀬友祐(初代A石田銀)

渡辺大(4代目手塚)

  • 2016年『1789』デムーラン

宮野真守(初代石田鉄)

矢田悠祐(7代目不二)

小野田龍之介(2代目柳生)

内藤大希(2代目ジロー)

相葉裕樹(2〜3代目不二)

書きながらこんなにたくさん出てたんだとびっくりしました、まだいるかもしれない。

とりあえず、来年は4月なら王家(宮野伊礼矢田)、5-7月ならレミゼ(内藤相葉)、7-8月ならビューティフル(伊礼)、10-11月ならレディ・ベス(加藤古川)を見れば知ってる顔に会えると思いますよ…ってあれ、今発表されてる作品全部誰かしら出てますね。

それぞれ作品についても説明しようかと思ったのですが、詳しく説明できるのベスしかなかった。ザ・ミュージカルが見たいならレミゼ、ドレスとか華やかなのが見たいならレディ・ベス、恋愛感を味わいたいなら王家かな?(ビューティフルは日本初演なので分からない)

 

帝劇はやっぱり「特別」だけど、そんなに遠いものでもないと思うんですよね。ちょっとした特別な日に、良かったらぜひ。

*1:皇太子ルドルフが自殺するシーン。黄泉の帝王トートがルドルフに「死の接吻」をするのにあたってオペラグラスが一斉に上がる現象。