読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢ならいつまでも2人きりなのに

好きなものを好きなだけ

スカーレット・ピンパーネル 感想

f:id:rbess:20161116211720j:image

完全に1789を引きずりながら行ってきました。10/23(日)の昼公演を観劇。ロベスピエール平方元基くん。久しぶり~って思ったけど王家の紋章ぶりなのでそうでもなかったです。折角ならシュガーも見たかったなぁ…シュガー平日なんだもん。

感想を一言で言うと、「楽しかったんだけど想像してたのと違ってびっくりした」でした。完全初見だったのですが、あんなシリアスそうなビジュアルなのにめちゃくちゃコメディ。前日にミス・サイゴンを見てたので落差がすごくて、正直ちょっと拍子抜けしてしまいました。どう考えても見る順番を間違えた!!!

メインどころはさすがの歌唱力だし、ピンパーネル団はイケメン揃いだし、あと曲がどれも派手で楽しかったです。セットはもう少し頑張れた気もするけど。

 

一応下手くそなあらすじ。

フランス革命後期?ロベスピエール率いるジャコバン派の恐怖政治時代の話です。貴族であるだけで断頭台送りにされる時代、イギリスの貴族パーシー・ブレイク二ー(石丸幹二)が「スカーレット・ピンパーネル」を結成して無実の人たちを救う計画を敢行。そんな感じのヒーローコメディです。(諦めた)

もともと日本では宝塚で上演されているそうです。今回は小池先生じゃないので新演出だそうで、訳詞も違うとか。どう違うのか気になる。

 

ベテラン、中堅、若手と、まさにすべての畑からお客を呼んでくるなかなかの構成。物販のグッズもかなり充実していて、なにこれ東宝じゃない…って思ったら東宝じゃありませんでした。勘違い。

いや、東宝も最近頑張ってますけどね、1789の衣装モチーフのチャームはめっちゃ可愛かった。需要が読めてなくて早期完売してるのがもったいないですが…あとはブロマイドでも写真集でもいいから紙媒体をください。レスリーキーの写真まだあるでしょ?!出して?!

それにしても3次元のアクリルキーホルダーは珍しいですね、2.5作品でもあんまり見たことない気がする。そのうち刀ミュとかで出てきそうですね。

 

ピンパーネル団の面々は今まで何かしらで見たことがある人がほとんどでしたが、それでも1階の少し後ろ寄りからだと見分けるのは大変でした。背格好が似てる…植原卓也くんと相葉裕樹くんは分かりやすかったです。

そういえば、サンジュストサンジュストじゃなかった。役名だけ見てロベスピエールのとこのサンジュストかと思ったら全然関係なかったです(フルネーム知らない)。フランス人にはよくいる名前なんでしょうか。

曲だとマダムギロチンが好きでした。

 

もう1回くらいシュガーでも見たいな~って思うけど、増やしたい!って感じではなかったです。おもしろかったけどなー。自分でも不思議だったので、なんでだか考えてみました。

 

ロベスピエールの出番少なすぎ問題

完全なる私怨です。だって4番目にいてWキャストってそこそこ出番あるのかと思ったんだもん…笑

2幕頭の曲は最っ高にかっこよかったです。ほんとにかっこいい。この曲が今回の追加曲らしいのですが、これが無かったら半プリンかなってくらい出番がない。逆に、この曲を追加する前提でこの2人をキャスティングしたんだとは思いますが…なんかもったいない…でもこの曲を歌うとなるとやっぱり歌える人じゃないとだし…と1人悶々としてました。どちらにしろ、この出番でWキャストである必要性は見えてこなかった。

あと、この曲の時に着てる大きなコートがわさわさしててあんまりかっこよくない。大きく見せるとかを超えたわさわさ感。見せ場なのに…。今考えると直後に早替えがあるからだったんだと思うのですが、折角最高にかっこいいシーンでそんなわさわさもさもさしたコート着なくてもいいのに。

この作品のロベスピエール、悪役として存在する割には最終決戦とかないし、そもそもピンパーネル団と対面しない(よね?)し、ショーヴランの上司的な立場の人、っていう以外にあんまり役割がないんですね…役者主体で考えればプリンス・オブ・ウェールズと2役なのでそこそこ出番はあるけど…いやそれでも少ないか。私が勝手に期待してたのがいけないんですが、もっとくれ!もったいない!って気持ちは拭えない。うーん残念。

 

素晴らしい歌なのになんだか胃もたれする問題

歌ウマ最高だな~~!!この作品、ほとんどメイン3人しか歌わないんですね。若手はコーラスって感じ。

ただ、この歌がなんだか濃い…どの曲も最後「あ~~~↑↑!!」って歌い上げて終わるような印象。見せ場!一幕終わり!みたいなノリの曲がいっぱいあって、後半ちょっと疲れてしまいました。これがワイルドホーン節ってやつなんですかね?それぞれの歌はすごくかっこいいし曲数も多いので、多分曲を知ってて見たらもっと楽しいんだろうなぁという感じでした。今回のCDは出ないのかな?

 

個人的に、廣瀬智紀くんのハルがおもしろかわいかったです。なんか気付くと高い所にいるし。ちゃんともくんはホストちゃんでチラッとしか見たことがないので可愛くて新鮮だった…!

そして目で追ってしまう相葉裕樹くん。背中に一本通ったみたいな姿勢の良さ…衣装や時代に合いますね。所作厨なので姿勢が綺麗な人とか動きが優雅な人は気付くと目で追ってしまう。

 

今度は曲も予習して、コメディであるということを念頭に置いた上で見に行きたいな~。