夢ならいつまでも2人きりなのに

好きなものを好きなだけ

最前列から見えた『ひかりふる路』

 

本当に本当に、ありがとうございました。

 

本当はおもしろおかしくレポしようと思ってたんですが、なんかまだボーッとしてて全然おもしろいことが書けない。大変。でもそれが今の気持ちなんだと思うので、そのままを書こうと思います。

 

最前列のチケットが取れたのはイープラス貸切公演でした。「宝塚ハマったらどうしよ〜」とか言いながらいろんな貸切に申し込んでいたあの頃。SS席が当たった時点でびっくりしたのに、発券したら「1列」の文字。うそでしょ?いくらなんでも出来すぎてる……。

絶対当日までに何か起きて行けなくなるでしょと思いながら3ヵ月過ごし、無事この日を迎えました。神がロベスピエールを最前で見ろと言っている。ありがとう、ABCDイープラス(本日の中詰め)。

 

 

ひかりふる

席に座ってまずびっくりしたのは、意外と舞台が低い!もっと見上げるのかと思ってたんですが(銀橋はそれなりに見上げてるけど)、意外と高さを感じなくて、銀橋が弧になってるから両端もちゃんと見えるし、とにかくめちゃくちゃ見やすかった。銀橋に出てくる前提で作られてるからなんだろうな〜って納得。

基本的に風がそよそよしてて結構肌寒かったんですが、大胆にいこうぜで皆が銀橋に出てきたらめちゃくちゃ暑くて!何って照明が!笑 ほんとに近いんだなって実感しました。

 

銀橋の芝居は見える角度がかなり違って新しいものを見たような感覚。マリーアンヌが銀橋でこぼした涙も(ものすごく綺麗にポロッと落ちてこっちの涙腺がやばかった)、 決断の刻で背を向けるマクシムの表情も……。

銀橋以外は近いだけかというと、やっぱり前に遮るものがないっていうのは全然違うなって。没入感というか。とにかくマクシムの顔がよく見えて、絶対何にも遮られないし、こんなに近くで見られることなんてもうないから絶対マクシムの表情を見逃さないぞって気持ちで見てたらもうポロポロ泣けて……。今まで見た中では怒りの要素が強めのマクシムって印象で、張り詰めてピリピリしてて頑張って鎧を着てて……。葛藤と焦燥はいつもただただ歌に驚いてたけど、今日はその分厚い鎧と「終わりはどこだまだ見えない」のギャップが苦しすぎてもうだめ。至高の存在の祭典もテルミドールもポロポロ泣いてしまった。

あと、世界が燃えるがものすごかった……!花道のコーラスの圧が真横から来て、正面には撃たれた兵士が目を開けたまま倒れてて……その目線が合いそうで合わないのがもう……思わず息が止まる。

 

今回特に印象的だったのは、マクシムが今から歩いていく路にひかりが灯るあの演出。2階から見た時に演出自体は知ってたけど、目の前を光が駆け抜けて行くあの景色は鳥肌でした。ブワッて風が抜けていくみたいな。

そしてそこをゆっくりと歩いて自由について歌い上げるマクシムがあまりにも神々しくて……こんなん拝むわ……まさに指導者だったし神様だった。マクシムは魂が綺麗だから……輝いてるよ……その光景と望海さんの歌の力が合わさってなんかもう泣きそう。

 

これは別に最前とか関係ないんですが、望海さんの芝居歌のすごさを改めて実感しました。私、ミュージカルは多少なりとも齧ってきたと思ってたんですが、ここまで役と歌が近いと感じた人って今までいなくて。すごいとか通り越して最早ショック。

上手い上手いって言っちゃうけど、ただ歌が上手いとかいう話じゃなくて、芝居と同じように歌が歌えるというか、芝居から歌に変わることによる制約が何も無いというか、ドラマチックなのに嘘がないというか……。私の語彙じゃ上手く言い表せないけど、望海さんの歌は、少なくとも私にとって、ミュージカルの理想形なんだろうなと思います。ああ、本当にものすごい人に出会ってしまった。

 

 

SUPER VOYAGER!

そして2幕。

f:id:rbess:20180206233840j:image

見てこれ。一番引いてるのに入んない!笑

1幕について割と真面目なトーンで話してきたけど、ここからはキャーとかワーとかしかないです。

 

何よりびっくりしたのは、みんな、銀橋を歩く時、丁寧に目線を滑らせてくれるんですね……すごい、めっちゃ目が合う。あ、嘘。ひとこちゃんは合わなかった。えーん!ひとこちゃーん!笑

男役道で叶ゆうりくんが「彩凪さんといったらウインク」って言ってて、そうなんだ?って思ってたんですが、ほんっっっとにものすごいですね……何このウインクの模範解答。下から見てるからまつ毛の上がり下がりがめちゃくちゃくっきり見えて、目を閉じるっていうかまつ毛が降りてくる感じだった。

そして壁ドンドンドンする咲ちゃんの顔がかっこよすぎてびっくりした……この斜め下からの角度かっこよすぎない……?!いやこんなん惚れるでしょ……タカラジェンヌってすごい、360°かっこいい。

 

みんながポンポン持って銀橋に並んだら、なぎさまが!!!目の前!!!キャー!!!下向いて目を合わせてくれるからもうなんかその大きな目が落っこちそう……心配……なぎさまのドヤみとオラみのある表情がとても好きなんですが、こっち見てくれる時は優しいんですね。好き。

客席に降りた後はきぃちゃんが目の前!キャー!!きぃちゃんがニコッとしてくれたのもとっっても嬉しかったんですが、少し後ろの席に爆裂ウインクを飛ばすイケメンきぃちゃんを目の前で見てしまって……な、なんだこのイケメン……??(※トップ娘役)

きぃちゃんが先に銀橋に戻るので、階段の横できぃちゃんにどうぞってしてるなぎさまがイケメンすぎて無理。

……気付いたら……望海さんを見ていなかった……えーん……近くのイケメン(※きぃちゃん)より遠くの推し(なんて恐れ多くて呼べない)はできませんでした……イケメン(※きぃちゃん)が目の前にいるのに無視なんてできないよ!

 

そして希望の歌でスポーン!って上がる望海さんの足よ。ちょうどいい感じの角度で見れた。スポーン!って。なんであんな足上げながら歌えるんです?パート分けを変えたりしてきぃちゃんの喉に配慮されていて……きぃちゃんも慎重に裏で出してるけど音が外れたりはしないし(葛藤と焦燥とかはメロディラインを変えてた)、初見で見たら十分上手いですよね、その時の最高と最善を上手く調整してて……いやすごいなぁ。

っていうか望海さんはなんでこんなに死ぬほど歌ってて平気なんです?そりゃかなりケアされてるだろうし、私は望海さんの歌いっぱい聴けて嬉しいけど、トップスター様ってこんなに歌いっぱなしなの?スーパーマン?1幕2幕それぞれ満足度が高すぎて、なんで両方セットで1公演分の値段で見れるの?って感じなんですが……。ひかりふる路終わった後(あ、まだこの後スーパーボイジャーあったわ)ってなるもん。ほんとにこれセットで1公演なの?2公演分払わなくていいの?元取れてる?心配。

そして楽しみにしてた銀橋のロケット!始まる前は「靴飛んできそう〜(こない)」とか思ってたんですが、靴飛んでくるならもうちょい後ろだわ。ここはどっちかというと蹴られるんじゃないかって感じだった!笑 いやものすごい迫力……!

 

プロヴァンスのシーンは、銀橋を歩く望海さんの……眉が……見える……!!ハットに隠れてこんな顔をされてたんだってめちゃくちゃドキドキした……え、めっちゃかっこいい……そうか、私は望海さんの眉が好きなんだ……眉フェチ(新ジャンル)。

コールポーターメドレーは、あの、感想が浅いんですけど、とにかく眩しかった。物理的に。えっ、この距離スパンコールめっちゃ眩しい!!って思った。笑

銀橋にスターさんが出てくる時の拍手って、そういうもんなんだなーって思ってたんですが、一番前に座ってみるとなんだか納得しました。こりゃ拍手したくなるわ。こんな目の前に来てくれるんだもん、わああってなる(語彙)。

 

そして本日の事件。

あーさと!!目が!!合った!!笑ってくれた!!ギャーーー!!

え……めっちゃ顔がいい……知ってたけど……この前やたらとゼロズレだったのに一度も目が合わなくて、(仕方ないよね……サンジュスト同担拒否だもんね……)ってションボリしてたんですが、あーさと!!目が!!合った!!!オキラじゃなかった!!!

誰かいいなって思う度に(この人2推しだわ……)って思うんですが(もちろん1番は望海さん)、次の瞬間には(やっぱりこの人がいいわ……)って違う人が2推しになってる。スーパーDD。今まで2推しになった人はなぎさまとまなはるさんとあーさと縣くんです。まなはるさんはとにかくフーシェが小物かわいすぎるしトークからご本人の人の良さが滲み出てるし、縣くんはララランドはじめダンスの魅せ方が上手すぎる。縣くんが縣くんとして喋ってるのをまだ見たことがないので、何か機会があったらいいなぁ。

ちなみに、雪組以外(というか望海さんが出てないやつ)は全然見たことないんですが、瀬央ゆりあさんのお顔が好みなのと、スカステでやってた何か(なんだ)の和希そらさんの台詞回しがめっちゃうめえって思ったので気になってます。

そんなハイパーDDですが、みんなかっこいいんだもん……仕方ないでしょ……軽率マンはすぐに写真を買ってしまう。写真といえば、何故か桃娘の写真が前面に押し出されていてうっかり買ってしまいました。孔明の罠。ジミーの写真はないんですか?!キスマークついてたら10枚買います。

 

そしてアンダルシア。スタッガーリーはお隣だったーーー!惜しいーーー!えーん!私もスタッガーリーになりたかった!!!隣のスタッガーリーさん120%咲ちゃんのオタクだったし交換してもらいたかったーーー! 羽根背負って銀橋出てくるところ咲ちゃんゼロズレだし絶対利害一致したと思うんですよね?!いや、いざ私がスタッガーリーになったら死んでしまうと思うけど!!!笑

それにしてもこの視線が交差する感覚……懐かしい……若排舞台で良くあるやつ!って1人でジワジワきてました。最前でそれぞれの推しを固定カメラした結果隣の人の顔が見えるアレ。さらにレベルが上がると最前で防振双眼鏡構えてひたすら推しの顔を追っかけてる人とかいるじゃないですか。たまにね。いや、宝塚にはいなかったよ、いるかもしれないけど!笑

 

デュエダンの最後は、私の位置から見るとちょうど望海さんの斜め上からライトが降り注いでて。きぃちゃんの背中越しに見える望海さんの優しい表情と、上から降り注ぐライトの光景があまりにも美しくて眩しくて神々しくて、涙が出そうでした。この景色を見られたことが一番の幸せだったかもしれない。

 

パレードでは大きな羽根を背負って銀橋を歩く望海さんをこんなに近くで見られて、お辞儀をした時にこちらに倒れてくる羽根の迫力にびっくりして、ゆっくり目を合わせてくださって……ああもう一生忘れない。

私はまだ望海さんのこと全然知らないけれど、ロベスピエールが望海さんと出会わせてくれて、望海さんがひかりふる路という作品と出会わせてくれて、他でもないこの作品でこの景色を見られたことが本当に幸せだなと思いました。おかしい、やっぱり出来すぎてる。死期が近いのかもしれない。

 

 

若手俳優のオタクだった頃は、全通とか最前とか、認知とかファンサとか、舞台に通う上で特別なことなんてもう何も無くなってて。

でも今日は間違いなく私にとって特別な日で、自分がこんなに純粋に劇場という空間を楽しめることに感動してしまって。ああ、本当にここは夢の世界なんだなって心が洗われるようでした。

宝塚という夢の世界に触れるのに、私はいつまでもこの純粋な気持ちでいられたらいいなと思います。

 

幸せ!!

 

f:id:rbess:20180207201022j:image